EOSの導入プロセスは、会社全体をまとめた実証済みの方法を提供し、EOSツールを適切な順序で実行することにより、ビジネスの「6つの要素」を強化します。

はじめに

インプリメンターの選定。

「EOSインプリメンター」として重要な役割を果たせる人材を選び、プロセスを通じて経営チームを導いてもらいます 。「EOSインプリメンター」は自社の経営チーム、もしくは社外のプロフェッショナル・インプリメンターから選定します。最高のエクスペリエンスと結果を得るためには、プロフェッショナルまたは認定EOSインプリメンターの採用をおすすめします。

90分ミーティング。

認定またはプロフェッショナル EOS インプリメンター™が無料の90分ミーティングでEOS®を御社の経営チームにご紹介します。会社を強化することが出来る、このメソッドとツールの採用を検討するため 、皆さんに理解を深めてもらいます。

フォーカスを強化して、ビジョンを明確にする

フォーカス・デイ™

経営チームにツールを提供、誰が何を担当しているかを明確にし、優先順位を設定、コミュニケーションを改善し、課題を解決、重要な数字をトラックできるよう、スコアカードを作成します。

経営チームには、新しいツールを次の30日間使用し、実際に業務が改善されるのを体験していただきます。

ビジョン構築™1日目

この日のスタートでは、経営チームはまずフォーカス・デイ™のツールをさらに効果的に利用できるよう見直します。 そして、「ビジョン・実行整理」のツールを使って、ビジョンを明確化する「8つの質問」に取り組みます。自分達が誰なのか、その存在理由、何を行い、どこへ向かうのかを経営チームが完全に理解できるようにワークセッションを行います 。従業員の評価を行うためのツールもご紹介します。

このビジョン構築1日目が終わったら、経営チームはさらに30日間EOSのツールを使用し、さらに組織が改善されることを体験します。これは素早くツールに慣れるために最も効果的な離散学習アプローチです。

ビジョン構築™2日目

経営チームとともに「ビジョン・実行シート」のツールを完成させる日です。販売戦略、3年後のピクチャー™、1年計画、そして次の90日間における優先事項を明確にします。

経営チームとともにすべての内容を把握したのち、EOSのツールを次の90日間使用して設定した計画を実行、より多くの点が改善されることを体験します。

目標を遂行し、実行力を強化していく

四半期セッション。

このセッションでは、経営チームと四半期のパフォーマンス評価を行い、再フォーカス、今後90日間の優先順位を設定し、進捗を妨げる可能性がある課題を解決します。

御社の経営チームは90日ごとに確かな成長と改善を体験します。

年間計画

毎年2日間を費やして、より堅固な経営チームを築くために取り組みます。そして、来年と次の四半期のビジョン、計画を更新します。

結果

健全で当事者意識を持った経営チームと組織が形成され、ビジョンのすべてを達成するための継続的な進歩を続けます。